デリケートゾーンはフラッシュ脱毛で決まり

ハイジニーナ脱毛は、医療クリニックや脱毛サロンで脱毛することができます。

医療クリニックは、医療行為にあたるので安心してハイジニーナ脱毛を受けることができます。
脱毛サロンは、ハイジニーナ脱毛の後のアフターケアをしてもらえるので、肌がきれいになります。


ここでは、脱毛サロンについて説明をしていきます。

脱毛サロンでは、フラッシュ脱毛とニードル脱毛があります。
ハイジニーナ脱毛をする時、どちらが良いのか結論から言いますと、フラッシュ脱毛がお勧めです。
VIOラインは、デリケートな皮膚なので、皮膚が薄く脱毛時に痛みが感じやすくなっています。

ニードル脱毛は、毛穴1本1本に針をさし込んでいきます。
そして、電流を流すことにより永久脱毛することができます。
ところが、ハイジニーナ脱毛の痛みは激しく、激痛を感じる方もいるぐらいです。
そのため、ベッドから叫びながらハイジニーナ脱毛をしている方がいます。

ニードル脱毛は針をさしてから電流を流すので、痛みがあるのは当たり前です。
また、体の部位でも一番敏感な部分であるので、余計に痛みを感じてしまいます。
フラッシュ脱毛は、光を当てるだけなので、痛みが少ないです。
しかし、痛みを強く感じる人も中にはいます。

フラッシュ脱毛の場合は、後々引きずる痛みではないので、我慢をしてハイジニーナ脱毛をしている方もいます。
痛みを耐えられるぐらいです。分かりやすく言えば、輪ゴムなどでパチンとされた感じの痛みです。

このような2種類の痛みを考えてみると、フラッシュ脱毛でハイジニーナ脱毛をすることがお勧めなのです。

今月のキャンペーン(1月31日まで)

ページの先頭へ戻る