襟足の脱毛を失敗するってどういうこと?

襟足は自分では確認できません。
鏡を使っても見にくい場所です。

しかし、自分からは見えなくても、
周囲の方からはとてもよく見える場所です。

特に、髪をアップにした時などに見えてしまう産毛はとても目立ちます。
反対に、産毛が無いとそれだけで美しい人だと、人目を惹くこととなります。

そこで、普段から襟足を美しい状態にしておくために
脱毛を試みる方が多いです。

しかし、前述のように襟足は自分では非常に確認しづらく、
自身での脱毛が難しい場所です。

無理に自分でやったために、
傷をつけてしまうなどの失敗をすることがあります。

せっかく美しくしようと行った行為がかえって見苦しくしてしまうというのは
とても残念なことで、避けなければなりません。

そこで、多くの方はエステやクリニックなどの
プロの方に施術を施してもらうことになります。

この施術にも数種類の方法があり、
プロの方の施術であってもご自分に合わない施術であれば、
失敗という結果をもたらすことになります。

たとえば、襟足にほくろが有るにもかかわらず、
レーザー脱毛を選択してしまった場合は、
ほくろが痛くなるなどの副作用が出ることもあります。

失敗を避けるために、ご自分に合った方法を選択できるよう、
プロの方と最初によく話し合われることをお勧めします。

納得した上での施術であれば、
より安心して施術を受けることができます。

今月のキャンペーン(7月31日まで)

ページの先頭へ戻る