襟足脱毛前ってどうして日焼けNGなの?

襟足を脱毛したいという人は、日焼けに気をつけておきましょう。

脱毛の中でも、レーザーや光脱毛は、黒い色に反応します。
黒く焼けた肌には、メラニン色素が多く存在します。
レーザーや光は、このメラニン色素に反応してしまうので、
熱や光が毛根に届きにくくなるのです。

そのため、施術中は、日焼けに注意をしておかなければいけません。
これから施術を受けようと思っている人で、日焼けがひどい人は、
施術を受けることができない、ということもあります。

日焼けは、通常は一ヶ月ほど経てば元の肌に戻ると言われていますが、
施術を受けるためには、それよりさらに期間をあけなければいけない、
ということもあるようです。

襟足は、つい日焼止めを塗り忘れてしまう部分でもあります。
これから襟足の脱毛を受けようと思っている人や、施術の途中だ、という人は、
なかなか目が届かないところですが、忘れずに日焼防止をするようにしましょう。
髪の毛が長い人は、髪をおろしておくと日焼を防ぐことができます。

また、深めの帽子を被ったり、ストールを巻いたりするのも効果があるでしょう。
日差しが強い中、外出をするときは、日傘も忘れないようにしましょう。
脱毛の前や施術の途中のときは、絶対に日焼けをしてはいけない、
ということを頭に入れておきましょう。

今月のキャンペーン(7月31日まで)

ページの先頭へ戻る